泥棒が嫌いになる家

一軒家

空き巣の被害

埼玉では空き巣によるトラブルが増えています。「自分の家は狙われる心配がないから大丈夫」と思っていても、被害に合ってからでは遅いのです。空き巣の被害に遭わない為にも住宅の防犯性を高めましょう。埼玉で泥棒から家を守るには、鍵が重要となります。

鍵を頑丈な形状にする

埼玉での空き巣の手口は窓から侵入したり、鍵がかかっていないドアから侵入したり、泥棒によって様々な手口がありますが、ピッキングで鍵を開けて侵入するケースも実は多いのです。家の戸締まりをきちんとして外出しても、ピッキングしやすい鍵が付いている家は被害に合う確率が高くなるのです。なぜかというと、鍵にはピッキングされやすい形状のものがあるからです。プロの泥棒は、一目見ただけでピッキングできる鍵かを判断することができると言われています。その為、埼玉で空き巣から家を守るにはピッキングに強い形状の鍵へ交換をしましょう。
一般的にピッキングされやすい鍵の形状は、Wの形をしている鍵だと言われています。Wの形状をしている鍵は簡単にピッキングができると言われていますが、皮肉にも多くの家庭でWの形状の鍵は使用されています。W形状の鍵穴を使用している人は、早めに鍵を交換することが必要です。
空き巣の被害で泣かない為にも、泥棒が嫌いな鍵を取り付けるようにしましょう。簡単に開けることのできない鍵なら泥棒も家へ侵入するのを諦めますし、安心して外出することができます。